デスクワークの後、家に帰ってきても疲れを引きずって、どよーん。

なかなか気持ちが切り替わらない。

とにかく頭がぼーっとする。

何故だか分からない・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛い

けど、理由が分からない

だから、現状を変えようがない

変えないからまた辛くなる

そもそも、辛いかどうかすら分からない・・・。

 

ようこそ!無限のループへ!

 

本当に辛いです。

辛いかどうかも自覚できていない状態・・・。

本人は勿論ですが、見ている周りの人もけっこう辛いものです。

 

モヤモヤの理由を知って

目も頭もスッキリした生活を送りませんか?

 

体のサインに気が付いて理由を知る

デスクワークの後の

「意識がぼーっとする」「何も考えたくない」

「どよーんとした疲れ」など。

眼精疲労に多く見られる症状です。

体中の筋肉も凝り、脳も疲れ、

自律神経もバランスを崩してしまっているかも・・・。

ただの「疲れ」で見過ごすのはとても危険。

 

「目と脳が非常にお疲れです。」

 

と、体からお知らせが届いている状態です。

メールで通知が来てくれたら分かりやすいんだけど。

社内メールに突然、

「あなたの目と脳が疲れ始めました!今すぐ休憩して下さい!」

なんて、難しいですよね。

 

体は気が付いてもらいやすいよう

”辛い”症状にして表わすことで、

あなたに伝えようとしてくれています。

 

お知らせが届いたら早めにケアをしてあげたいものです。

そのまま放置されると警告音(症状)が大きくなってしまいますから。

 

体のサインに気が付いたら状況から離れる時間を作ってみる

「ぼーっと関係無い事を考えてしまい集中できない。

大量の時間を無駄にしている気がする。」

そんな状態になっていたら、すこしの時間だけでも

今の状況から離れてみることをおススメします。

 

モヤモヤした状態を一瞬で抜け出す方法

「香りの力を借りる」です。

 

アロマは癒しの代名詞ですが、

それはただ単に「いい香りで気分が良くなるから」

「リラックスできるから」だけではなく、

香りは思考を通さず五感へダイレクトに働きかけてくるから。

思い出してみて下さい。

 

すれ違った人の香りで

学生時代好きだった人との思い出が

ドバーっと出てきた事はありませんか?

どこからかラーメンの匂いがしてきたら

無償に行きつけのお店に行きたくなったりしませんか?

 

そんな時、思考が働いて

むむ、この香りは、フローラル、フローラルと言えば

女子、女子といえばサラサラロングヘア、サラサラロングヘアといえば・・・

そうだ!憧れてた先輩の髪の匂いだー!

なんてじっくり考えたりしないですよね。

香りをかいだ次の瞬間には

一瞬で、しかも勝手に、当時の記憶へとワープしてしまいますよね。

 

癒しやヒーリングにアロマが使用されるのは

そんな要素もあるからなんです。

 

香りの取り入れ方

香りといっても何でもOK!という訳ではありません。

トイレの芳香剤を目の前で長いこと嗅ぎ続けたら

きっと気分が悪くなってしまうと思います。

自然素材の香りを取り入れましょう。
癒しの効果を最大限に発揮してくれるポイント
エッセンシャルオイルと呼ばれているオイルを使用する。

・100%天然成分であること

本物の香りであることが大事です。

本物の香りこそが脳に働きかけ、

癒しの効果をもたらしてくれます。

 

アロマを生活に取り入れる

・お風呂の湯船に数滴たらす

・湿布する。精油を入れたお湯、水に浸したタオルなどを肩・首へあてる

・アロマキャンドル、アロマランプ、ディフューザーを使用する

・アロマ加湿器

・マグカップへ熱いお湯をいれ、精油をたらす

・アロマトリートメントを受ける

 

など、手軽に始められるもの取り入れやすいポイントです。

表面的なケアだけでなく、

直接五感に働きかけてくれるから、内側からほぐしやすいです。

あなたにとっての心地の良い香りを見つけて

目と脳の疲れをいたわってみてはいかがでしょうか。

 

 

自分をいたわる事に積極的になる

たとえ疲れているポイントが具体的に分からなくても

もやっとしたら切り替えるきっかけを作ってみる。

切り替えることで原因が見えてくることもあります。

 

自分の体を守るのは自分自身です。

 

日常生活に「香り」を取り入れて

脳のリラックススイッチを入れてみましょう。

 

 

アロマオイル入門

アロマオイル注意事項